ニキビ跡を消す方法

一度できてしまうとなかなか消すことができない、ニキビ跡。若いうちは肌のターンオーバーがきちんと行われますので、クレーターになるようなひどい跡でなければ消える可能性は高いです。

 

しかし、大人ニキビができるような年齢になると肌のターンオーバーにも時間がかかるようになります。そうすると色素沈着してしまい、跡が残ってしまうのです。

ニキビ跡を消すためには、肌のターンオーバーを促すことが大切です。

通常は28日周期でターンオーバーがおこなわれ、肌が生まれ変わるはずです。

これをスムーズに行うためには、まずターンオーバーを促進する栄養素が含まれた食べ物を食べるといいでしょう。

魚や肉、卵、チーズなどの動物性タンパク質や、豆腐や納豆、豆乳などの植物性タンパク質は、新しい皮膚が生成されるのを促します。

それからビタミンAやCなど、ビタミン類も肌にとってはとてもいいです。海藻に含まれるミネラルもターンオーバーを促進してくれます。

また、睡眠をたっぷりととることも大切です。

特にゴールデンタイムとも呼ばれる22時から2時の間に眠っていると成長ホルモンが分泌され、肌の再生が促されます。

睡眠不足はニキビだけでなくさまざまな体の不調も招きますので、忙しいときでも睡眠時間はしっかり確保しましょう。

それから、適度な運動もターンオーバーを促すには効果的です。

体を動かして新しい酸素を体内に取り込んだり、汗をかくことで代謝がアップされます。

代謝がアップされると老廃物やメラニンがスムーズに排出されるようになります。

また、自宅でもできるソフトピーリングなども販売されています。

ただし、人によっては刺激が強すぎることもありますので、少しでも肌に負担がかかっているなと感じたら使用を中止したほうがいいです。

ビタミンC誘導体や高濃度のビタミンCが配合されている化粧水なども効果があらわれやすいようです。