ニキビ跡にならないために

ニキビができてしまったとき、跡が残らないか不安になりますよね。

 

赤みがあるニキビ跡はスキンケア用品で改善できますし、クレーターやケロイド状になってもセルフケアでも改善できる可能性があります。

ニキビは気をつけていてもできてしまいますが、跡には残らないようにしたいものです。

では、ニキビ跡を残さないために気をつけるべきことはなんでしょうか。

ニキビ跡にならないためには、なるべく早くニキビを治すことです。

ニキビが気になるからといって無理につぶしたり、隠そうとしてファンデーションをたっぷり塗ってしまっては逆効果です。

角栓を取り除いたほうが早く治るという話もありますが、自分でやろうとすると悪化してしまう可能性が高いです。

また、汚れた手で触ったり、ほおづえをつくクセもよくありません。

ニキビに刺激を与えないようにニキビケア用品でケアをし、清潔さを保ちましょう。

刺激を与えてニキビが進行してしまうと、赤いニキビ跡が残ってしまったり、色素沈着が起こることがあります。

このときに紫外線を浴びてしまうと、メラニンが生成されて余計にニキビ跡が残りやすくなってしまいます。

ファンデーションを塗りたくるのはよくありませんが、UVケアは忘れないようにするべきです。

色素沈着を防いだり、ニキビを早く治すには、ビタミンCが効果的です。

フルーツや野菜など食べ物で摂取するのはもちろんいいですが、難しい場合はサプリメントなどで補いましょう。

最近ではビタミンC誘導体という成分が配合された化粧水などもありますので、外からもビタミンCを与えることができます。

また、適度な運動をしたり入浴をしたりして発汗し、新陳代謝を促すことも大切です。

代謝がよくなると肌のターンオーバーが促されます。

水をたくさん飲むことや、栄養素の高い食べ物を食べるなど、外側からのケアだけでなく体の内側からのケアも必要なのです。