ニキビの膿の正しい出し方・治し方について解説!

ニキビの膿の正しい出し方・治し方

白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄ニキビと4種類のニキビがありますが、ニキビの膿が出るのは最終段階の黄ニキビです。

赤ニキビよりさらに炎症が進むと、黃ニキビになり、この段階になると、ニキビ跡になる可能性が高くなってしまいます。

膿が出来る原因は、体の免疫作用により、白血球がアクネ菌と戦う際に炎症部分の溶解によって皮膚内にたまった状態になるからです。

これが非常に強い腫れを伴い、赤黒くなって化膿してしまうのです。俗にニキビの「芯」とも呼ばれます。

膿を潰してはいけない?

では、ニキビを潰してこの膿を出してやれば、ニキビも治るのでしょうか?

確かに、ニキビの中の膿を全部外に出せば早く治ることは間違いないです。

ニキビは潰してはいけない、とよく言われますが、膿や芯を正しく全部出しきって、きちんとしたケアをすれば間違ったことでは決してないのです。

ただし、正しい膿の出し方を知らない人が多く、中途半端に膿が残った状態になってしまうと返って逆効果で、ニキビ跡になる可能性が高くなってしまいます。

なので、一般的には、ニキビは潰してはいけない、と言われているのです。

膿の正しい出し方

それでは、ニキビの膿の正しい出し方を解説します。

何といってもポイントは「全部出しきる」ことです。

これには、「面皰圧出法」という膿の出し方を行います。

専用の器具があり、金属性の棒の先端についている丸い穴をニキビに当てて圧力をかけることで、膿や芯を出す方法です。

「面皰圧出器」という名前で、薬局やドラッグストアにも売っていますし、インターネットでも容易に手に入りますので、ニキビの出来やすい人は一本購入しておくと良いでしょう。

膿を出した後は、当然ながら清潔にしてケアをすることが必要です。

すぐにバイ菌が入らないように、ニキビのケア用品や薬を使用して、アフターケアを行いましょう。

膿をすべて出し切ってケアを行っていれば、1〜2日後から炎症が収まっていき、治癒していくと思います。

せっかく膿を出したのに、ケアを怠って、ニキビ跡にしないように、しっかりケアをして上手にニキビを治していきましょう。

ニキビの予防や改善をするのに効果的なスキンケア用品は、インターネットでも手軽に購入することができます。

ニキビケアのスキンケア用品にはどんなものがあるのでしょうか。

ニキビを予防、改善するためには洗顔が大切です。ニキビ用の洗顔石鹸やクレンザーなどが販売されています。

クレイやアルガンオイルなど、天然の成分からできているものは肌への負担も少なく、保湿効果があるものもありますので成分をよく見て選びましょう。

ニキビケアのための化粧水も種類が豊富です。

抗炎症作用や抗菌作用がある成分が配合されていたり、高濃度のビタミンCがニキビ肌に働きかけてくれます。

ニキビの原因となるアクネ菌を撃退してくれるものも有名です。

使い続けるとニキビのできにくい肌へ導いてくれます。種類が多いので肌質によって使い分けるといいでしょう。

それから、ニキビ用の外用薬もあります。

化粧水やクリームでスキンケアをする前にニキビの上に薄く塗ります。

薬によって使い方が変わりますので、使い始める前に医師に相談したほうがいいかもしれません。

早急に治したい場合やなかなか治らないニキビには塗り薬は効果的です。

漢方薬もニキビには効果的です。

ホルモンバランスを整え、血行をよくしてくれるものがありますので、外用薬などを飲んでも効果があらわれないときには試してみてもいいかもしれません。

ニキビや肌荒れ、口内炎などを緩和するビタミン剤も販売されています。

できれば食事でビタミンをとれればいいのですが、難しい場合はビタミン剤やサプリメントで補うのもいいでしょう。

ニキビケア用品だけを開発しているメーカーもあります。

ニキビに関しての研究が進んでおり、成分にもこだわっていますのでトライアルセットなどで試してみるといいでしょう。

このサイトで紹介しているケア用品はどれも効果的だと自信をもってお薦めできますので、初めてケアをする人から、他のケア用品で効果のなかった人にもオススメです。